2016年11月 7日

いごこちを考える。感じる。

ウレシイカベはいごこちを考えた。

どんな空間で過ごしたい?
どんな空気感のところで眠りたい?
リビングの雰囲気はどんなのがこのみ?

できるかぎり
ここちいいを感じたい。
だからいいホテルといわれるところ。
勉強をかね泊まるようにしている。

そして
感じた。
ここちいいはそんなにない!!

だから
ウレシイカベは生まれた。
ウレシイ空間に
どれだけの人が住んでいるのだろうか?

あなたの家を計画してくれる設計士。
あなたの家を建ててくれる大工さん。
あなたの家の壁を塗ってくれる左官屋さん。

ウレシイ空間にすんでいるのだろうか?
おいしい空気を吸っているのだろうか?

まずは
ぼくらが
ここちいいを体感すること。
そこからすべてははじまる。

おいしい。
うれしい。
ここちいい。

空間工房は20年以上
空間と空気、いごこちを
珪藻土を通して
感じ
進化し続けれる。

これからも
ここちいいをつくり続ける。

ウレシイをかたちに。
空間工房。

sosite
Ureshii corse

今日もこれから
鳥取の現場に行ってきます。
ウレシイカベ塗ってきます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。