2009年11月28日

目のいい僕が眼鏡を注文した。

僕の視力。
左右それぞれ1.5以上。
限りなく2.0に近い。
メガネワールド.jpg
深視力問題なし。
これらの視力検査は
岡山駅の西口近くにある
メガネワールドさん。

ただし
メガネワールドの松本さんの本領発揮はココから。

眼と言うのは
それぞれ2つの眼がそれぞれの映像をとらえ
脳の中で合成し立体映像になるのね。
俗に言う3Dっていうの。

それは同時に脳が2つの画像を認識してできるの。
僕の眼はすごくいいんだけど
脳に問題があるのかな?
その画像が噛み合ない。

と言うことで
常時一つの映像だけを見ている。
どちらか一つは
認識してない映像がある。

と言うことは
僕の目で見ているのは平面の世界。
眼鏡作成中.jpg
そのことがわかったの。
と言うことで
松本さんが
補正のできる眼鏡を作って下さる。

どのくらいズレているかを測って
いろいろ検査をするの。
でもって
これをかけてみて下さい。
ってちょっと変わった検査用の眼鏡。

ビックリしたなぁ。
世界が3Dになった。
立体に世の中がなった。

あれーーー???

もともと世の中って立体なんですよね。
松本さん.jpgなんとも
ワクワクします。
こちらのメガネワールドさん。
実は知る人ぞ知ると言う眼鏡屋さん。
関野直行さんも本田健さんも
こちらで眼鏡を作ったそうだ。

聴けばこちらの松本さんも
小学校3年生の時から眼鏡をかけられ
その中で右目と左目の映像がずれると言うことが実はあり
頭痛に悩まされていたという。

世の中の人の3人に一人はこの症状を生まれつき持っていると言う。

この眼鏡をかけるとすぐに起こった変化。
新聞の記事が読みやすい。
頭にすーっと入ってくる。
『これだと速読ができますね。』
思わず言った。
『速読の先生が生徒を来させることもあるんですよ。
 確かに眼が原因で速読ができないとか
 勉強が苦手になる人も居るんです。』
眼からウロコ.jpgと教わる。

そうかぁ。
松本さんは
本業の眼鏡屋さんの他にも
NPOをつくって
小学生のための眼のトレーニング等も
普及していると言う。

来週の中頃かな。
眼鏡の出来上がり
楽しみだ。

松本さんに言われた。
松本さんの名刺.jpg『首が痛かったり頭痛があったり
 しませんか?
 これだけずれていると
 普通は頭痛があったり
 人によってははいてしまうくらいなはずなんだけど』

首と肩の筋肉が
無理矢理持ちこたえてるそうです。

眼鏡屋さんはたくさんあっても
そこまでこだわっている眼鏡屋さんは
本当に少ないらしい。
口コミで
松本さんの元には全国からお客さんが来ると言う。
松本さん。
楽しみにしてます。