2008年8月30日

スチールの事務机も捨てたもんじゃない。

わかるかな。
くず鉄の値段がキロ50円。
1tあたり5万円。

だからね。
捨てるより売った方がなんてそんな意味じゃない。

どういうことかというと
あなたの机の上はデンジャーゾーンなのだ。
机の上を見て欲しい。
事務机

これは大げさにしても
どなたの机の上にも
スタンドライトに携帯の充電器
デジカメの充電器。
いろいろな電気機器が机の上にある。
もちろんパソコンも。

このブログを見てくれてる方は
もうパソコンの電磁波対策の仕方は
わかっているとは思いますが

実は机の上自体も電磁波に汚染されているの。
その机の上の電磁波対策。

スチール机の電磁波対策。
これで対策オッケーなのだ。
シンプルでしょ。

机自体をアースをすることで
より安全な環境を作ることができる。

実は昨日の午後
お隣のオフィスの電磁波対策に行ってきた。
先日言ったところなんだけど
時間の都合でパソコンを使っているときに
気分が悪くなることがあるという事務員さんの所を
集中的に対策をしておいた。
(とりあえずというところでデスクを2つだけの対策でした。)

その後その事務員さんの感想ですが
気持ち悪くならないらしいのです。
『どうもいいみたい。』
と言うことなんだけど
そりゃそうでしょ。

電場の数値は約20分の1になっている。
もちろんスウェーデンのガイドラインの25V/m以下。
16V/mになった。

オフィスの中にはパソコンが8台だったかな。
それにコピー機が2台。
プリンターが3台だったかな。
かなり過酷な環境だと思う。

先日の対策の時は急に伺ってばたばたしたのでデスク2つの環境対策のみ。
(もちろんパソコンも含め)

で、今回は他のパソコンとデスクの対策。
さっそく奥さんの机を先に対策をして使ってみてもらった。
『目が見える。今までパソコンを使った後はぼんやりとして
 他のところに目を移したときはっきり見えなかったのに。
 画面もちかちかせんなった気がする。』
とのこと。

パソコンって本来そんなに疲れる道具じゃない。
ちゃんとアースをとっていればいいのに。
(もちろんコンセントのアース端子で対策が済むことばかりではないが)

自分で言うのもなんですが
今回の出来事もすごい確率です。
お隣さんのご自宅(別の場所にあります)を偶然珪藻土工事のご依頼いただいて
電磁波対策までさせていただいた。

どれくらいの人がエコ・クィーンにたどり着けるのでしょう。
ほとんどの人が工務店任せ。左官屋さん任せ。
本当に効果のある珪藻土壁を塗ってもらってるのかな?

岡山で何人の人が効果のある電磁波対策をすることができるのだろう。
全国で何人の人が効果のある電磁波対策をすることができるのだろう。

まだまだ、これからだし
せっかく近くに居るんだから知り合いや近所の人のところも良くしたい。
もちろん、頼んでもらえると遠くにも行くよ。
でも、みんなでちゃーんと勉強しようよ。
家を建てる人もちゃーんと勉強しようよ。

人任せじゃいけんよ。
さっきも現場の近所で断熱の話になったんだけど
みんな自分の家の断熱性能がどのくらいあるのか知らんのんじゃもん。

せいぜい
『やっぱり2階は暑いですよ。』
ぐらい。
それは断熱性能が足りてないってことだから。
このブログがきっかけになって
プロの人が勉強できたらいいな。
家を建てる人も勉強できたらいいな。

ぼくの感じたことや知り得たことは少しずつお伝えしていこうと思う。
今日はみんなは津山市内のリフォーム。

な。
スチール机だっていい所があるんだもん。
正直、好きじゃなかったけど
最近好きになってきた。
だってズドンって電磁波が減るんだもん。

最近、電磁波もおもしろくなってきた。
コテで塗るのもおもしろいし。
もう楽しくてしょうがない。