2008年8月24日

珪藻土を塗るかクロスにするのか?

昨日は岡山市内の日立ハウステックさんで塗り体験会。
ステップハウスマイホームのKG情報さんの主催であったのだが、
そこで質問を受けた。

『今、ちょうどクロスにしようか
 珪藻土を塗ろうか悩んで居るんだけど
 珪藻土の方がどういいんでしょうか?』

とてもいい質問。
いくつかの考え方がある。

一つは珪藻土壁を塗るメリットが大きいので塗る。
調湿性を持った素材を使うことにより
家を快適な状態に保つ。
湿度が40%以下あるいは75%以上。
というのはとても危険な状態なので
ちゃーんと調湿性のあるもので家を覆う必要がある。

二つめはコストパフォーマンスで考える。
壁と天井に塗ることにより家の保温性が上がる。
それで約40%光熱費の削減。
原油高騰の今、冷暖房が少なくてすむというのは嬉しい。
あと。
クロスに対し珪藻土壁エコ・クィーンは10年に一度のクロスの張り替えがない。
きっと、光触媒効果もあって汚れにくいし、
硬化するメカニズムは漆喰と同じ空気中の二酸化炭素を吸収して硬化する気硬性。
経年変化も少ない。
クロスの張り替えも馬鹿にならない。
一般的には家一軒で数十万円から上になる。
それが10年に一度でやってくるのだ。
そうするとランニングコストと合わせて
エコ・クィーンを塗っておく方が安いと言うことになる。

三つめは
何が何でも空気を汚さない方がいいと言うこと。
ビニールクロスは結構臭う。
臭いの元はホルムアルデヒドなどのクロスの化学糊から出る物ばかりではない。
可塑剤と言って素材そのものの塩化ビニールを柔らかくするために
添加されているものもある。
これは施工後30年も出続けるという話もある。
これに対しては紙ならでない。
ルナファーザーとかオガファーザーと言う紙クロスならいいかな。
とにかく空気はきれいでないと家の中に居れん。

それでも
やっぱり安いからビニールクロスというひとは
どうぞクロスを張って下さい。

ぼくの役目は珪藻土壁を広めること。
珪藻土なら何でもいっしょって思っている人に
エコ・クィーンと他のメーカーのものは全然違うよ。
ってちゃーんと伝えること。

それに最近は家を建てるのなら
どんな家を建てるのがお金の無駄遣いにならないのか?
最低限で必要な断熱性能はどのくらいか?
また、体が弱い人や疲れやすい人に
何処まで健康的な家ができるのか?
電磁波対策までしている。
どうかな。
仕事なのか?
遊びなのか?

とにかく楽しい。
どんどん追求できるんだもん。
コテで塗るのもほんまおもしろいし。
ぼくにして見りゃゴルフみたいなもんかな。
ゴルフしたこと無いけど。

だってコテで塗るのって技術論なんで
一度身につくと技術は上がる一方。
(とはいえ技術として身につけての上での話)
皆さんのおかげですごく楽しく働いている。

悩んでいてもわからないかも知れない。
そんな人は津山に。
珪藻土の館にきてみてほしいな。

コメント

昨日はお疲れ様でした!
いつも珪藻土塗り体験会は大盛況ですね(*^_^*)

掛谷建設のお客様も珪藻土に興味を持っておられる方が多いですよ。

掛谷建設の社員も、会社で毎日、珪藻土を体感しているので自信を持ってお客様に進める事が出来ますね!
(天井も塗れば良かった・・・とちょっと思いますが(汗)

お互いお客様に喜んで頂けるお仕事を楽しくしましょうね!

そうですね。
ありがとうございます。
掛谷建設の事務所。
いいですね。
ホント空気がきれいで
スタッフの皆さんも楽しい。

そう。
あの天井。
塗りたかったなぁ。
いつか塗りましょうね。
楽しみにしてます。

浜田さんもぜひ津山に来て下さい。
お待ちしています。