2007年10月19日

電磁波についての記事のお詫び。

『ステップハウスマイホーム』と言う岡山の住宅情報紙に
コラムを載せてもらっている。
今回の内容は
『パソコンをしていてどうも疲れる方へ』
その記事においてのお詫びです。
まずその全文を

(珪藻土屋から見た)目に見えない住まいの話。
「パソコンをしていてどうも疲れる方へ。
パソコンって言う道具は生活や仕事に無くてはならない。特に最近ではインターネットが普及してメールのやり取りや検索サイトなど本当に便利だと思う。そんな中で私の周りでは目が乾く。肩が凝る。どうも疲れがとれない。と言った悩みの声を良く聞く。中には原因不明で皮膚に異常が出た。眠れない。などと深刻な物もある。
 これらの症状がある人。
『パソコンを使っている時間が多くないですか?』 
 原因はパソコンから出る電磁波ってことが非常に多い。何もパソコンが悪いってことじゃなく、安全対策をしていない状態で使っている方が大半なんです。パソコンだけじゃなく机の上にデスクスタンド、携帯電話やデジカメの充電器なんかがある場合は机自体が電磁波汚染されていることもあります。
 対策は至って簡単。アースをとるってことです。今やパソコンの他にも照明、冷蔵庫、洗濯機、もろもろ。電気が無しの快適な生活は考えられません。便利さはどんどんエスカレートして。便利になっているのに電気の使用量に比例して体や心を病んでいる人も増えているのです。
全てが関連していると言うことを言うつもりは無いですが、パソコンの電磁波対策をされた人の大半が体が楽になったと言う事実があります。
気になる方は『オールアース』で検索してみてください。」
となるはずだったんだけど
最後のところが
「気になる方は『電磁波対策』で検索してみてください。電磁波ゼロを目指したさまざまなサイトが見つけられます。」
ってなっちゃったんだ。
これが問題なんだな。
ごめんなさい。
そう。この書き方だと間違えた情報も電磁波に対して載っている。
『オールアース』ってのはこの電磁波対策の第一人者。
土田直樹さんの株式会社レジナが商標を持っているので
土田さんの認めたところでないと使えないはず。
だから、このキーワードで検索すると安心なサイトが検索出来るはずで
きちんと対策が出来ると考えたんです。
ただ、出版物となると商標登録された物は問題が出てくるらしい。
結局、そのことをさけて言葉をかえたんだけどそのへんを
きちんと確認してなかった私の責任です。
お詫びします。
後日、土田さんに確認したところ電磁波測定士である私が
『オールアース』と言う言葉を使うことは何も問題が無いとのこと。
私がすぐに確認をすれば良かった。
なぜかその時に限って連絡が取れなかったんだけど。
これがインターネット社会の危険性です。
ほんまでない情報も載っています。
あくまで、私は自分の嗅覚と体験で信用出来る情報だけを
お伝えして行きます。
よろしくお願いします。