2007年3月 9日

物作りへの姿勢。

昨日は現場で米戸家具工房の皆さんと一緒になった。
皆さんというのは米戸さん。奥さん。スタッフの方。
3人いらしていた。

手作りのシステムキッチンの取り付けにこられていたわけだが
なぜか、うれしい。

米戸さんとは今年は4現場もう一緒に入る現場が決まっている。
去年は1軒だったのにね。
とか良いながら話をしていて気がついた。
その1軒の現場で初めてお会いしたのだった。
何とも私も米戸さんも親しげに話をしながら
あまりにおつきあいは短いのだ。
米戸さんは気がついていたのかもしれないが
本当に私はそのとき気がついた。
しかも
『よねっち』
とか、その年上の米戸さんに向かって。
なんだか仕事に対する考え方がすごく安心できる。
そこから自分に近い気がして親近感を感じたのだろう。
なんだか好きなタイプの人なんだな。
仕事の状態も似ている。
(大きな声では言えませんが)
米戸さんの仕事は家具やシステムキッチンを作る仕事。
しかもこだわりと美意識で本当にきれいだ。
なのでもちろん人気。
そして大忙し。
ただ、仕事を下請けさんに回すと
自分の思う品質で出来なかったり
お客さんの顔が見えなかったりする。
だからどうしても自分でしたい。
となると、数がこなせない。
ジレンマに陥る。
そのへんも空間工房とそっくりだ。
そう。
なんだか楽しい現場だった。
なんだかうれしい気分だなー。