2006年6月29日

外壁を塗りたい人に!

これは本当にあった話です。
日本ケイソウド建材に外壁材の注文があったんです。
ケイソウ土は室内に使うことが多いんですが
外壁に使うと自然な風合いでサイディングに比べて高級感がでます。
手作業ならではのいい感じになるんです。
本来、うちの材料は経年変化が少ないということと汚れにくい、断熱性が高いことなんかが
外壁材のメリットなんですけど。
で外壁の注文が入ったんです。
『外壁材のご注文をいただきましたが内壁材は注文いただいてませんよね。
内壁は何で仕上げですか?』
『ビニールクロスです。』
『本来内装をケイソウドにされた方がいいと思いますけど
中にはケイソウ土を塗られないんですか?』

続きを読む "外壁を塗りたい人に!"

2006年6月28日

おばあちゃんの家

最近おばあちゃんの家をちょっとだけリフォームしました。
before

after

おばあちゃんに言わせるとafterの方ではおばあちゃんがちょっと太ったらしいです。
(本人はむくんでいると言っていました。)

続きを読む "おばあちゃんの家"

2006年6月21日

うれしいですねー。

今日はたくさんうれしいことがありました。
うーん。実名でいいですよね。だめだったら急いで連絡くださいね。
すぐに訂正しますから!
4月に掛谷建設の営業部長の杉本さんの家をリフォームさせてもらったんです。
最近、特にプロの方の家が多いんです。あと工務店の方の身内の方とか。
今日もリフォーム屋さんの所長さんの新築の家だったんですけど。
ちょっと脱線しましたけど。
これがリフォーム前のビニールクロスのお部屋の写真です。

で今日お電話いただいたんです。杉本部長から
『森本さんちょうど間仕切りの壁のところにヒビがきたんじゃけど、だんだん大きくナリョウルんじゃけど。
 直しに来てもらえんじゃろうか?』

続きを読む "うれしいですねー。"

2006年6月17日

塗り直しに学ぶ。

実は昨日の午前中は新築の家の壁の塗り直しでした。
なんだか告白めいていますが
ブログを始めてエコ・クィーンやボクラのいいことばかり言っているような気がして。
どうなんでしょう。
3月の末にした工事の塗り直しでした。
もちろんもう施主さんは住んでいます。
今まで幾度となく塗り直しを経験してきました。
その度にいろいろ感じ教えられてきました。
あんまり楽しい塗り直しってのはないけど
その分いろいろ学べます。
今までで一番多いのはきっと台風19号で床上浸水した家で3回塗り直しました。
きっと1センチ近くの厚みになったんじゃないかな。
家が水浸しで塗っても乾かなかったり壁の中をずーっと冷やされてたりッて原因だったんだけど
お客さんはこの部屋は元々冬にはいれないくらい寒い部屋なんだけど寒くなくなったって
そう漏らしていました。でも、申し訳ない。
そのときは何度塗っても色むらがとれず白い粉を吹いちゃったり
あと、お弁当屋さんの家を塗ったときは冬に濃い色を塗ってっていわれて・・・。
濃い色は冬場には色むらになりやすいんです。
とくにさむいと・・・。
そこは2階塗り直したかな。
別に塗り直しが好きなんじゃないんですよ。
エコ・クィーンは正直自然の力で固まる材料なんで。
何度も失敗したなぁ。
今だったら、塗る前に薄い色にしてっていうけど。
あとは、大きな天井を塗って仕上げてたら天井の換気扇の位置間違えとったって。
30センチ四方の穴があいたら隠せませんよ。
そのときも天井を塗り直しして・・・。
それはもちろん費用をいただきましたけど。
そのときにはっきりわかりました。
塗れば塗るだけ居心地良くなるって。
今回は色むらと塗り目のダバルパンチ。
好みにできだけ合わせようとするけどホントわからんときもあります。
申し訳ないです。技術的にもがんばらんとね。
日々精進。
日々好日。

2006年6月15日

パソコンに電磁波対策!

今日は電磁波対策の秘密兵器をもってデザイナーのともくんのところへ行ってきました。
実は写真を撮影するのを忘れていたため
慌てて空間工房の事務所に着けてあった秘密兵器を撮影しました。

これがエルマクリーンという電磁波を除去する装置です。
どのように設置するかというと

このようにパソコンとかあらゆる電気製品にアースをすることで電磁波の影響をほとんど無くしてしまえます。
まず、ともくんの事務所には数台のパソコンとモニターが並び何とも厳しい労働条件が伺えます。
そこでおもむろにテスターを持ち出し電磁波の危険度をチェックしました。
『ピーピーピー』
パソコンやデスクパソコンの前に座ったともくんの体から電磁波の影響を示す警告音が鳴りました。
(かなり危険を感じた様子でした。)
そしてエルマクリーンを設置しパソコンとモニターからアースをとりました。
その後テスターはならなくなりました。
これはびっくりしたみたいです。
実は彼は最近体調を崩していて、私はパソコンの影響ではないかと心配していました。
全てが電磁波の影響というわけではないと思いますが
これでともくんの疲れが少しでも減るといいなと思います。
そうそう。エルマクリーンは前述の土田さんのところの商品で我が家では寝室の床と事務所のパソコン
台所においてある冷蔵庫に合わせて3台取り付けてあります。
パソコンに向かっているときの疲れがかなり違いますよ。
昔から机につくと眠たくなるんですが、パソコンの前だと特にぐったりしてしまいがちでした。
県北の皆さんはご存知かもしれませんが『じゃけん』というタウン誌に住宅関係のコラムを掲載しているのですが
今回そのコラムの執筆を土田さんにお願いしたところ心地よく快諾していただきました。
来月号のコラムでは電磁はについて(わかりやすく言うと電気製品を安全に使う方法)紹介できると思います。
この場を借りて土田さんありがとうございました。

2006年6月14日

オールアース住宅の土田さん。

昨日は電磁波のことにすごく詳しい土田さんにお会いできました。
電磁波というものは体に対してあまり良くないことが知られていますが
その実態と対策についてはほとんどの人が知らないと思います。
その具体的に効果のある対策について考案されているのが土田さんです。
また、隣にうつっているのが岡山でその対策をされており今回土田さんをご紹介くださった星川さんです。

白いシャツの人が土田さんですよ。
実は我が家も土田さんおすすめの電磁波対策をしています。
今回はオールアース住宅を岡山で施工されておりその関係でいらしてました。
今日も現場へと出かける時間となりましたので詳しくはよるにアップいたします。
でも一言、オールアース住宅とは電気の無い頃の居心地のいい住宅を現代の便利な生活(電化製品のある生活)をしながら実現でき安心できる住宅の作り方だそうです。

2006年6月12日

けいそう土屋とラーメン屋

昨日の塗り体験会でいろいろな質問をいただきました。
その中でそりゃわからんわな。って感心した質問がありました。
『いろいろ珪藻土ってありますけど、やっぱりエコ・クィーンがいいんですか?』
ありがとうございます。いい質問でした。
ラーメンにも好みがあります。ここのがおいしい。あそこのは嫌。
みんなそれぞれ好みが違いますから気になるラーメン屋さんで
おすすめのラーメンを食べてみて下さい。

ちょっと意地悪ですか?
ちなみに私は『びーとん』も好きですし『白楽天』も家族で行きます。
『ふる里』に行くととろろご飯も頼んじゃいますし、
『はるな』にも時々行きます。あのまいったかというような辛いのを食べに。
ちょっと津山や湯の郷ではわかりにくいので。
昨日たけちゃんとお昼に食べた表町の『一元』もおいしかったなぁ。
あとイトメンの『チャンポンメン』も好きで特に出来上がってから豆乳を入れると旨いんだな。
ちょっとマニアックに走ってしまいましたが、試してみて下さい。

ラーメンならいろいろ試してみれますが
家の中の壁についてはやっぱり失敗したくないですね。
だから失敗しない方法を教えましょう。
これも裏技です。
ラーメンの場合
『あそこのラーメン屋旨いらしいで!』
これはNGです。その場合の対応は
『ほんまー。行ってみておいしかったらまた教えて。』
これでいいんです。旨いらしいってのは人ごとじゃし食べたこと無い人の話ですから。
わかりました? ケイソウドだって食べたことのある人に相談して下さい。
それも仕事としてじゃなくって。
ほとんどの人は仕事として珪藻土のことを勉強しているので自分の家には塗っていません。
そういう人に相談しても売り込まれる結果となります。
私は家の中をほとんど塗っています。
それは効果を体験してわかっているので塗ってしまったという方が正しいかもしれません。
塗らずにはいれないいんです。
実際、他のメーカーさんのケイソウドも調べてます。
その上でやっぱり日本ケイソウド建材のケイソウドがいいなって思います。
でもそれは僕自身の家にぬるんだったらです。
気になる他のケイソウドがあったら塗ってみて下さい。
そしてまたその結果を聞かせて下さい。

ちなみに私がケイソウ土の壁を塗って住んできっと10年くらいです。
最初は鉄筋コンクリートのマンションの部屋。
今は一戸建ての木造住宅。
いっぱい塗ってみて。もしもう一杯ラーメン食えって言われたら、
同じラーメンもう一杯食べます。
だって好きなんだし、失敗や後悔したくないですから。

2006年6月 8日

今になって気になる畳の部屋。

こちらは先日紹介させていただいた岡山市内のお宅です。
KICX2551.jpg
このお宅に行って何とも言えない懐かしさと落ち着きを感じました。
というのも私は小学校へ入るまで築100年以上の家に住んでいました。
KICX1258.jpg
藁葺きのその家はトタン屋根がかぶせてあり当時のすごく嫌いでした。
その理由は所々歩くとギシギシ言う。
友達の家に行くと必ずある廊下と2階が無い。
古くて汚い。
そんな風に感じていました。
父親にこんな家は嫌だ。2階建ての家がいい。なんて言ったことを思い出します。
父と母はその家がいつまでもつのかと不安に思い立て替えたのでしょう。
正直に言います。
私は今の住まいから約20キロ離れた家に年に数回しか帰りません。
お盆と正月。たまに農作業。
それに用件だけ済んだらすぐに我が家に帰ります。
もちろんここで言う我が家とは津山の事務所兼住居です。

なぜでしょう。
居心地って言うんでしょうか?
今の実家の家は和室の壁は土壁の上のジュラク壁。
他の部分はビニールクロスだったり、布クロスだったり。
フローリングは合板フローリング。
合板フローリングってわかります?
ピカピカの俗にいうベニア板でできている床。
もちろん表面はいろいろながらがあります。
うっすくスライスした木が張ってあったり、プリントものだったり。
要は偽物。
どんな観点で偽物って言うかと言うと、
調湿性が無い。(湿気を吸わない)
新品時が最高で、だんだん傷が気になってくる。(もちろん傷は入りにくい。)
本物とはどんなものかと言うと、
調湿性がある。(もちろん呼吸性があるので保温性もある)
傷は入りやすいが年月が経っていくとそれすら魅力的になっていく。
中まで一枚の木なので足触りが良く歩いたときに足が安心する。
合板フローリングは表面は傷が入りにくく固めてあり板厚はないので
固いのに柔らかい?

そう話を元に戻すと愛着があんまりわかない。
今から30年前ぐらいから多くの家はハリボテになりました。
表面をツクロッタ家。
見た目はきれいだけど・・・。
今でも昔のあの家のひやーんとした感じ。
なつかしいなぁ。
ホンマに寒かったけど。
まぁ、ちょっと住むにはきついか?
今なら大概の家は居心地良くできるんじゃけどなー。
家を建てるときには和室の3間続きに憧れているぼやきでした。
愛着のわく家を建てた方がいいと思いますよ。
そうそう。
昨日リフォームに行った家に1歳7ヶ月の女の子がいて。
全然泣かんの。なんかええ子じゃなぁ。って思っとったら・・・。
隣の家に3歳ぐらいの男の子が帰ってきて。
ギュワーン。ギュワーン。って泣いとん。
その隣の家は内装はクロスか樹脂を塗ったやつじゃと思うんな。
最近珪藻土がちょっと流行っとるじゃろ。ケイソウドに見えるけど実は樹脂って言うのもあって。
ホンマの樹脂。こてで塗りますって言われると体にいいような気がするでしょ。
でもマジで樹脂。って言うのがあるんです。
これは安い。クロスとほとんど同じ金額でできる。
割れませんよとかって言われたりして・・・。
一度、樹脂を塗ってくれって言われて・・・。
うちは断りましたけど。
だって空間工房が塗ってくれたんよって。
お客さんは思うでしょ。
でもあれはいけません。すごく臭かった。危ない。
(本当に危ないかどうかはわかりませんが。直感的に私にとっては危ない気がした。)
そう。居心地は精神的にすごく作用します。
特に小さな子供は体が弱いので特に作用します。
目に見えない成分はイライラを引き起こすかもしれないんです。
その泣いとる子供と笑顔の子供の差が
もし家の差だったとしたら怖いなって。
安心できる家。居心地のいい家に住みたいし。
住んでもらいたい。

2006年6月 3日

ブラボーさんブラボー!

ブラボーデザインさんの事務所兼住居にお邪魔してきました。
ちょっとすてきな事務所ですねー。
伺ってよかったー。大塚さんありがとうございました。
というのもこちらは土岐建築デザイン事務所の設計で建てられています。
もちろんケイソウ土の壁はエコ・クィーンを使っていただいているんですが
何より建物のサイズだったり床が育っていく感じがすごくいい。
広くないのに狭くないって言うんですか?
こんなにバランスのいい設計って大変だったのかなー?
とかいろいろ感心してしまいます。
写真をアップしようと言うところで出勤時間になりましたのでまたあらためてアップします。