2006年5月11日

断熱材を考える

KICX2506.jpg
彼が遊んでいるのは羊毛断熱材ウールブレスです。
断熱材に必要な機能にはどんなことがあるでしょうか?
すべてのものに言えるんですが断熱材とは家の性能をあげるために入れます。
断熱性を入れると室温が外気温に左右されにくくなります。
そうすると居心地が良くなります。
では、断熱材は何年もったらいいんでしょうか?
普通は断熱材は壁の中に入れますからその家を壊すまで
入れ直すことはありません。
もし、壁を壊して間取りを変えたりする場合は別ですが・・・。
KICX0526.jpg
今までの断熱材は結構ぼろぼろになっていたりします。
これは湿気に弱い素材が多いんですね。特にグラスウールとかロックウールとか。
あと湿気を調節できない素材だと湿気が壁の中にたまっちゃって木を腐らせたりします。
ですから、
湿気に強い。
断熱性能が高い。
化学物質を放出しない。(嫌な臭いが無い。)
長持ちする。(ウールブレスは50年の品質保証付き)
要は子供が触れても大丈夫な素材ですよってことです。
性能だって一般的な外断熱工法の断熱材よりいいですから。
はっきりいって、かなりおすすめ!