2016年11月29日

空間工房にしかつくれない空間がある。

先日から
塗り直し工事が
相次いでいます。

珪藻土壁を塗って
思いとちがったという
お客さんからの依頼。

まだまだ
ぼくらでないとできない仕事がある。
だから
ぼくは壁を塗ります。
ものじゃない。
空間は手からつくられる。

それは
まるでおにぎり。

そのひとが
創りたい空間が
そこにあらわれる。

だからこそ
ぼくらの存在価値がここにある。
だからこそ
ウレシイカベという壁材を
生み出す必要があった。

やります!!
今日は玉野。
行ってきます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。