2014年10月30日

ウレシイカベをつくろうと思った理由。

明確な方向性があって

調湿性。
保温性。
空気感。

そして
エネルギッシュ。

言葉にはできても
数値にはできないことがある。

この感覚で壁を創って塗ってみたい。
自分の家。
この珪藻土の館を塗るために壁をつくった。

今日、ペレットストーブを準備したが
まだ我が家は暖房なしだ。
それもこのウレシイカベが効いているんだろう。

あと
まだ塗っていないところがあるから
そこも塗り広げていくと
どんどん効果も上がってくるだろう。

この感覚をここで感じて
これが欲しいという人に
使ってもらったらそれでいい。
自分で塗って塗って
改良を加えながら
確認をしながら
一歩一歩進んでいる。

このすかっとした空気感。
そして
なんかあたたかいと感じるこの感じ。
僕は好きだ。

この壁を塗って
居心地がいいからウレシイってよりも
なんか
家を建ててから
あの壁に塗り替えてから
元気が出るよな。
人生が変わったよな。
僕の壁がひとつのきっかけになると言いな。
そう思う。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。