2014年1月29日

他にもいろいろ珪藻土壁。

今日久々に知り合いに電話をしたら
そのグループも珪藻土壁をつくっているらしい。

一瞬、その配合とデメリットを頭が考える。
おっと!?

いいではないか?

別にいろいろな壁があっていいんじゃない?
それが良かろうと
悪かろうと
それぞれ惹かれる人は使えばいい。

最近そう思う。
できれば
いい壁を造る人たちが他にもいればありがたい。
そして
いい壁を造る人が増えれば
もちろん塗る人も増えるだろうし
素材をつくっている原料メーカーも
職人さんも存続していける。
もちろんユーザーもうれしいしね。

どうせすべての壁を僕がつくれるわけじゃないし
いろいろなタイプがあって
しかるべし。

競争の時代は終わった。
今はすべてが自由な選択なのだ。

あなたにあったものを選べばいい。
僕はぼくの欲しいものをつくる。
そして
それに惹かれる人たちにオススメする。

とにかく
今、僕は『ウレシイカベ』ができあがり
その壁を塗るたびにでき上がる空間が
文字通り 『ウレシイ』 のだ。

かつて
エコ・クィーン時代にも
何度も重ね塗りをしたり
厚塗りをしたり
いろいろ試してみたが
こんなにうれしかったことはない。

このうれしさが
原動力となり
自分のスイッチとなり
さらにシフトしていく。

やはり
この壁のポイントは
調湿力でも保温力でもなく
『うれしさ』なんだ。

『うれしい』という気持ちは
とんでもない
信じられないような変化をもたらす。

キーワードはやっぱりウレシイだな。

ちなみに
僕は服とか車とか
お得とか燃費とかでは選ばない。
かっこよさでもなく
もちろん
モノサシは『うれしさ』なのだぁ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。