2010年7月 4日

素材の見極め方。(ふんどしとトランクス)

風呂上がりにトランクスをはいていて・・・
おかしい。

何かがおかしい。
嫁さんが買ってきた新しいトランクス。

何かがおかしい。
なんか
じめじめ?するの
その上、めっちゃ伸びる。

も・し・や?

やはり
化繊なのね。
ポリエステル90%
ポリウレタン10%

『お前何見て買うてきたんなぁ〜!』
 『だって前のときに○○○のは割に造りがええなぁって
 言うとったがぁ。』
『だから何見て買うてきたんなあ?
 ブランドかぁ?』
 『えっ?
 もしかして素材?』
『当たり前やろ〜!
 森本家の教えはどうなっとんやぁ〜!
 見極めやろ〜!』

なんて
風呂上がりの会話です。
今までに
僕が自分で指定して買ったものと言えば
オーガニックコットン100%

あと、つい最近は綿100の本藍もの。
しかもふんどし。
これがええのよ。
機能性抜群。

日本人は当たり前に機能を重要視してきた。
コストとか
デザインとかより
機能から生まれた機能美を持っていた。

ふんどしが
ポリエステルになったら
日本も終わりやろな。

今や漆喰も
本流でないものが多くなってしまって・・・
機能美。
僕は好きです。

そうそう。
藍には衛生面での効果もあるのですよ。
そして
藍はあたたかいの。
ホンモノの藍は。

あーそうか?
藍もホンモノ以外にインディゴっていう化学染料があるもんね。
藍。
ウチの藍は藍華という名前ですが
ホンモノの持つ特性と言うか
かなりのわがままです。(笑)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。