2011年4月 2日

勢いで自転車。

先日、うちの雄樹くんが
自転車で
津山からしまなみ海道をわたって
四国まで行って帰ってきたのは
知ってるよね


そのとき
彼が変わったの。
そして
その彼に僕が影響された・・・
ぼくもやってみたいと・・・。

すごいんだよ。
行って帰ってきたら
イキイキしてた
とか雰囲気が変わっていたって言うんじゃないんだ。

どの瞬間だと思う?

行くと決めた瞬間なんだよ。
僕はこれに感動した。

そして
現場が一日すいた先日。
R0013639.jpg2時半。
僕は雄樹くんと本州側の島を出発した。
まさか
片道65キロあると知ったのは
その直前だった。

ちょっとその辺を走る程度
そんな自転車の使い方。
そんな僕が
往復130キロ。
わかったときには焦った。

ユウキがやったんだから
ぼくもやれるだろう。

そんな甘い考えだったのかもしれない。
その考えが甘かったとわかったのは
行きの車の中。

前回の雄樹くんの旅は
津山を出て
福山で1泊。
今治で1泊。
福山で一泊。

車ですぐのはずの尾道。
それが遠いのだ。
『ユウキ。こんなに遠くまで来とったんか?』
『すごいなぁ。』
この言葉を何度言ったことか。

夕方6時前にまだ行きの半分も行ってなかった。
夕陽.jpg足はパンパン。
ただ、きれいな夕日を見ながら
なぜか
たのしい。

行くと決めたら行くしかない。
スタッフに?
いや自分自身に負けるわけにはいかないのだ。
やればできるということを
確かめたかった。
しかも楽しみながら・・・。

けっして
楽しくて楽しくて
なんてことなかった。
だって
こんなに乗ったことないんだもん。
今治での食事.jpg足が痛いこと痛いこと。
お尻も痛い。

わたりきったのは8時。
もう真っ暗。
やけです。
食事をとろうということになり。
ここがおいしかった。
ここで元気と酒パワー。

 勢いで4時間半。
深夜1時に車に戻ってきた。
うれしかったなぁ。

びっくりしたのは
帰りはそんなに足が痛くなかったこと。
あまりの寒さで膝は痛かったけど
人間の身体も
心も
慣れるのだ。

なんで
意味のないことしてるんだろう。
そう言いながら楽しかった。
大人になって
何かに挑戦すること
減っていた。

ただ
今の自分がどんどん成長していること
うれしくてうれしくて。

人間は特別な能力を持っている人なんて居ない。
みんな同じなんだ。
それも
みんながすごい能力を持っている。
それを目覚めさせるかどうかなんだよな。

おれは目覚める。
そう
もう目覚めている。
これからも
もっと目覚めて
自分と繋がっていく。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。