2010年7月23日

夏の暑さはどこからくるの?

現場。
暑い。

しかも

熱い。
(あはっ)
僕が現場で考えること
この暑さはどこからくるのか?

あー。
いい?
話それて・・・

永ちゃんにね。
『何で永ちゃんはそんなに・・・
 はしりつづけていられるんですか?』
って訊かれたらしい。

それにね。
永ちゃんがなんだよその質問。
なんて思いながら
ずーっとそれを考えてたんだって。
なんでだろ。
って。

『やっぱり欲なんだよ。』
って言ってた。
もっと
もっと
もっと

それって
いるって思うし
私は別に欲しくない。
って言うのは
日本的には謙虚に聴こえるかもしれないけど
なんかエネルギー感じないよね。
誰だって
正直、いろいろ欲しいと思うんだ。

欲しいものは欲しいって
言うのってカッコいいし
欲しいのに欲しいって思ってないふり
する必要ないとも思う。
それが一番格好わるい。

僕も
やっぱり欲なわけ。
昨日、自転車の話してて
欲しいものは欲しいし
欲しくないものは欲しくない。

今回、ピナレロって自転車。
注文したのね。
別にブリジストンでもいいんだろうけど
興味あんまり湧かないんだな。
鳩山さんは関係なく。

どうせものを買うんだったら
興味のあるものでないと
欲しくない。

何が違うのか
わからないけど
匂いが違うんよね。

だって
おもしろくないもん。

そうそう。
夏の快適も欲しい。
とっても欲しい。
これも欲。
我慢すればいい話なんだけど
我慢が一番エコですよぉ〜。(笑)

だいたいね。
どこが暑いか探すとね。
日差しか天井。

日差しが暑いのは
カーテンしたりすだれをしたり
日よけをするのがいいよね。

あとね。
天井をね。
触ってみるの。
(僕らはデジタルの温度計で測るけど)
そしたらだいたい熱いから。

ということは
屋根裏の断熱が足りてないの。
僕らが工事に入ったときに
暑い家は
エアコン使わんと
暑いよってことですから。

これから
家を建てる人
リフォームする人。
エコにありたいなら
基本性能。

あとで
対処しにくい基本性能は
日よけと断熱。

天井を触って暑い家の対処方法。
かんたんです。
屋根裏に断熱材をもう一層入れ足せばいいです。
屋根裏の構造にもよるけど
これは効果的。

とにかく
今日も暑いです。

そう言えば
断熱を効かせてくると
温度差が生まれてくるので
特に冬場
断熱材の中での結露。
危険性が生まれます。
これを壁体内結露
って言います。

その結露の危険が最も少ないので
僕は羊毛の断熱材の使用を薦めています。
というか
グラスウールは欲しいと思えんのよね。
ロックウールも。
あと、発泡系?
発泡スチロールみたいなヤツは
匂いがダメなんです。
僕の身体は。
あとね。
ウレタン。
精神的にも息が詰まります。

はい。
悪いわけじゃないんでぇ。
ただ、僕はそんな理由で欲しいもの。
はっきりしてるの。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。