2010年3月24日

パタゴニアとシー・シェパード。

以前にもお話ししたパタゴニアの話。

パタゴニアの物作りであったり
コンセプトも僕はすごく好き。
そんな中で
シー・シェパードに資金的援助をしている。
と言う話が出てきて

わからないことは確認をしよう。
と言うことで
パタゴニアに問い合わせた。

日本パタゴニアの回答。
パタゴニアの自然保護団体への寄付は
国や地域ごとに行われており
今回の問題になっているのは

1993年 4000ドル
2007年 10000ドル
(1ドル100円とすると合わせて140万円)

申し込みのあった団体に対して
審査をし寄付を行うと言うことになっっている。
また、シー・シェパードに対しては
この2年行われており
その他には行われていないし
パタゴニアとして今後行う予定もない。

とのこと。

明快です。

一安心。
僕自身がそのことに対して
どう思うかどうかと言うことではなく。
僕がお勧めしたものに対する責任。
そう思います。

あと、
実際、物事にいい悪いってのは
よくわからんところがある。
クジラやイルカも気持ち。
わからんし。
じゃ、牛や豚の気持ちは?
とも思う。

話はそれたけど
ものすごく明快で公式コメントを
メールでも送って下さる。

なんかね。
ウチもそのくらい明快な姿勢でありたいね。

あとね。
パタゴニアを使うときに
それがいやだなってマイナス要因。
消しときたかったの。
個人的に。

だって、ものは本当に最高で
明らかに使う人がつくってる。
っていうか
創る人が自分が使うためにコストを考えんとつくっている。
そんな気さえする。

そんなところが好きなのね。
あとね。
神戸の店、スタッフの人が感じが良くて
すごく親切だったって話をしたら。
他のスタッフも他の店もそうだったと言う。
素敵な人が多いよね。
って話になって。

きっと
彼らはサーフィンするためだったり
スノボーをするために
仕事をしてたりするのね。
好きなことしてるから
生き生きしてるのかな。

いろんな意味で
そうありたいね。

パタゴニアからメールが届いたので貼付けときます。

日頃より弊社製品をご愛用くださいまして誠にありがとうございます。

先ほどお電話でお問い合わせいただいた件につきまして、下記ご案内
いたします。ご確認いただけましたら幸いです。

弊社では自然環境の保護・回復に取り組む環境団体に助成金を提供する
プログラムがございます。そのプログラムでは、ビジネスを行なって
いるそれぞれの地域を担当する本社および支社が、個別に環境団体から
申請を受け付け、審査を行った上で助成を行なっております。プログラ
ムの詳細は以下をご覧ください。

<http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=2927>

Sea Shepherd Conservation Society(以下Sea Shepherd)は米国の環境
団体のため、過去に米国本社より、環境助成金プログラムを通じて1993
年と2007年の2回、合計14,000ドルを助成した実績があることを把握して
おります。米国本社に確認しましたところ、Sea Shepherdへの金銭的な
寄付は、前述の過去2度以外は行っておらず、現時点では今後も行う予定
はない、とのことです。

なお、日本支社で審査を行い助成を行なった団体についても、上記Url
よりご確認いただけます。ご確認いただければ幸いです。


パタゴニアカスタマーサービス 
URL: http://www.patagonia.com/japan/
e-mail: customerservice@patagonia.co.jp