2011年7月20日

仕事の次元。

仕事の次元があがってくる。
自分に向かうことで
壁が変わってくる。

僕たちが創りたいのは
壁なの?
珪藻土という壁なの?

違うんだ。
僕が創っているのは
目覚まし時計の要らない家なんだ。

あの
ワクワクして目が覚めちゃう感じ。
あの時空間。
そう
あの遠足の日の朝の。
クリスマスの夜の。

毎日があの瞬間と同じ。
ワクワクして過ごす。
ビアグラス.jpg今の連続。

あのエネルギーの空間を
あたたかい
柔らかい。
心地よく癒される空間をできる。

本当のワクワクには
目覚まし時計は必要ない。

山本さんのビアマグ
必要だった。
それもペアで。
米戸さんの創ってくれたテーブル
山本さんの食器。
ワクワクです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。