2011年3月17日

なぜインターネットで買うのか?

みんなインターネットで買い物するよね。
何でかわかる?

なんかね。
マーケティングとか
そんな難しい話じゃないの。

単純。
それは
インターネットが教えてくれるから。
昔は食料品屋のおばちゃんが
『このはんぺん。美味しかったで。』
とか
『この洗剤、よーおちるで。』
(よくきれいになるよ)
って教えてくれたから
そこでそのまま買ってたのね。

今、スーパー行っても
教えてくれんし、みんなインターネットで調べるの。
だからそのままネットで買うの。

デオデオでもそうよね。
そこでいろいろ見比べてネットで買う人も居るだろうけど
そこでいろいろ教えてくれて
本当にコッチの方がいいんだな。
って思うような情報があったら
そこで買うよね。

僕はデオデオにタッチャンって
同級生がいて
ほんまに何がいいって教えてくれるから
そこで買ってる。

みんなネットで一番安いところで買う時代になった。
みたいに思ってるかもしれないけど
それはちがう。

ネットには情報があるから
ただね・・・
インターネットには正しい情報も正しくない情報も
必要な情報も必要でない情報もある。
だから
その人に必要なセレクトされた情報を持っている人は
売れ続ける人になる。
その人から買いたいって思うもん。

家だってそう。
工務店だったり建築士だったり
自分と離れたところで作っている人。
仕事として作っている人は
金額で選ばれちゃう。

自分の家を作る感覚で
毎回、進化した家を作っている人は
その人に頼みたいと思うよね。

この人に任せとけば安心。
って思うくらいやればいいのよ。
どうやれば居心地のいい家になるのか?

とことん自分の家で試せばいいのよ。

暖かい家を作ろうって
CO2を減らそう。
京都議定書が・・・
なんて言ってる人が
寒い家に住んでる。
って言ってたの。

まったく説得力無いよね。
どうやれば暖かい家ができるのか?
教えてるのによ。
今は机の上の勉強は要らない。

もう時代が違うんだ。

やるか
やらないか?

やった人か
やってない人か?

すべては伝わる。
だから
自分の家を最高の居心地にすれば
こんなにうれしいんだよ。
って
それが
僕らのお客さんに何となく伝わっているんだと思う。

そう。
何となく伝わるんだよ。

自信って
勝手についてくるんだよ。
僕もネットで買うけど
ネットっている情報も満載だもんね。

モノを売ったり作っている人は
自分が生きた情報を持てば
ネットと張り合わなくてもいい。
値段で張り合わなくてもいい。

あの人から買いたい。
あの人に頼みたい。
そう思う。

ぼくはそう思う。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。