2010年3月 5日

これって営業?

昨日は午前中は現場に出たんだけど
あとは任せて
現場を離れ
日曜日にKG情報の倉敷TOTOでのイベントでお逢いした
睦みの工房さん。小堀建設さんに行ってきた。

何でこれって営業?
って思うのか。
資料もなんにも持っていかんかったのね。
なんかね。

お逢いしたときに
もしかしたら
組んでいけるんじゃないかな。
って。

家の話をしに行った。
そこでの話。

家って本当はどうでもいいと思うんね。
だって
お客さんが欲しいのは
家族との思い出を創る場所。
楽しい思い出が欲しかったり
気持ちいい居心地が欲しかったり。

家はこうでないといけない。
ってのは
お客さんはあんまり考えてないと思うの。
でも
それが正しいと思う。

工務店や設計士さんも
家なんてどうでもいいんですよ。
って言ってあげたらいいと思う。

ウールブレスのムラモトさん
適当とかええ加減でいいんよ。
(適当って言うのは適してる。加減がいいのがええ加減)
って深いこと言われてた。

でね。
だからこそ
プロがそのどうでもいいに甘えるんじゃなく。
そこを担保するのがプロなんだよなぁ。

あなたがこだわらなくても
私が保証しますよ。
そう。
保証するためには多くを体験しておいてもらいたい。
なんか
プロがすべてを説明するんじゃなく
あなたに任せておいたら
本当に安心ですね。
って言うのが本当のプロ。

任せてもらったときに
それに答えられるように
徹底的に答えられるように
様々な実証をする。
それでこだわる。

私がこだわってるから
あなたはこだわらなくてもいいですよ。
みたいな感じ。

伝わるかな。

いろんな話を
小堀社長さんと専務さんとさせてもらった。
仕事って
楽しいと仕事なんだかなんだか
わかんなくなるよね。

僕にとっての仕事とは
仲間作りなので
楽しいのです。
と言うことで
みなさんありがとうございます。
そして
これからもよろしく。