2011年3月23日

損得から離れる。

損か得かって
何でもそうよね。

『今日、卵が安かったのよね。』

これも安かったから
得したって話でしょ。
昨日ね。


信頼?
尊敬?
うん。
好きな工務店さんの社長さんから電話があってね。

ちょっと内容は省くけど
要は工事の値引きはできないかって
訊かれたの。

でね。
ぼくはちょっと悩んだのね。
普段は悩まないんだけど
その方が僕の在り方や性格までわかって
それでも言われるということは
損をしてでも
力になるべきなのか?

とかね。

工務店さんとか
お客さんとか
僕はフラットであるべきだと思うの。
どっちが上でも下でもない。

でね。
僕のスタンスって
みんなおんなじ。
ってのが基本で
1000万円の家も10億円の家も
僕らの仕事は同じ。

そうでしょ。
ベストって一緒だし
ちから出したり抜いたり
できないもんね。

なんかね。
お金の話とかでね
僕が弱るときって
なんでかがわかったの。

僕自身がぶれてる。
損か得かでぶれてる。

損か得かの判断をやめると
すごく楽。
自然体で居られる。

人にだまされるのって
なんでだと思う。
『欲』です。
ずるしてやろうって
思うから。

僕らの施行とかの金額設定って
すごいの。
僕らとお客さんの損得が
お客さんの方がちょっと得したなって
思うところに設定してる。

損得じゃないか!!

ははっ・・・・。

だって
誰かをだましてお金を稼ぐ。
そんなのどうでもいいんだよ。
興味がない。
誰かが喜ぶことで
僕らがお金を得る。
なんかいいでしょ。

それとね。
もう、損得なんて
どうでもいいじゃない?

家を建てるとき
今、これをきっかけに
家を建てない人も
今、きっかけに
損得からうれしさにモノサシを変えてみて。

これが手に入ったからうれしい。
家が安く建てれたからうれしい?

家を建てるとき
この人たちと関わっていけるのって
うれしいよね。
この人たちに頼めるのって
うれしいよね。
この人たちが作ってくれた。
うれしいよね。

そうだよ。
そうありたいよね。

自分が自分であることが
うれしいよね。

コメント

電話しなくてもわかっていたけど、業者さんとは対等に付き合っていきたいので、電話した。
電話して良かったよ。基本的なところは俺と考えが同じだった。というよりは森本くんに会ったときに聞いた話、”仕事を終えて集金死に行ったときに値切られた”という話。その話しに影響を受けたのは俺で、その影響で基本的に同じようなスタンスをとっているのかもしれない。
ありがとう。

こちらこそありがとうございます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。