2011年3月10日

脱 HOW TO !

仕事の上で
この間ちょっとしたトラブルがあった。

それは
創ろうとしていたパンフレット。
どうしても
何が伝えたいのかが
伝わらない。

その上でデザイナーさんと作ることを
やめたんだけど

その中で感じたことがある。
僕が伝えたいのは僕らの在り方。
もっと言うと
僕の在り方
生き方だと思うんだ。

デザイナーが言うのは
そんなものは意味がない。
パンフレットというのは
モノが売れないと意味がないと。

確かそうなんだよ。
でもな。
違うんだよ。
ずれてるんだ。

値段と情報を伝えれば
相手が選択する?

僕は僕らのエネルギーを
感じた相手が共振したとき
選択されるんだと思う。
それは
恋愛でも一緒でしょ。

仕事って
売れたらいいのか?
儲かればいいのか?

確かにそう言う人もいるかもしれない。
それも間違いじゃない。

ただ、何やっても食っていけるんだよ。
その中でなぜそれをしてるかなんだ。

売ったらクレーム。
塗ったら失敗。
そんなことを繰り返しながら
なぜ
今までこんなことを続けてきたのか?

そこには
どうしても伝えたい
メッセージがあったんだ。
それに気がついた。

どんどんこだわっていって
行き着いたのは
こだわりはいらないってこと。

でもね。
その中でどんなところに住み
どんな風に生きていくのか?
それにつきるんだよ。
家って生き方の一つなんだよ。

自分を自分のために表現する。
その中に
服や家、車。
そんなものだけじゃなくってさ
生き方自体が自分を表現している。

ね。

力を抜いて
自然体で生きる。
そのときに
僕らの空間が僕にはここちいい。

それだけなんだよ。

仕事も
言葉も
生き方。
在り方なんだ。

どうすれば・・・

違うだろ。
ただ、在ればいいんだ。

コメント

激しく同意!

そうですよね。東京でお会いするの楽しみにしてます。ありがとうございます。

その通りっ!!!

結果を気にしすぎた「ものごと」って、
うまくいかないんですよ♪

テクニックじゃないんですよね^^

「うわぁ・・こんなさわやかで気持ち良いこと、
俺だけでやっとく手はないわぁ^^だれかに教えちゃろっ」
って具合かな?

子供のころの、「缶ケリ」なんかといっしょで、
「この指とまれ」・・・ですよ(^_-)-☆

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。